HANAオーガニックと無添加化粧品ってどう違うの?

2016y02m19d_100250453

HANAオーガニックと無添加化粧品は、どう違うのでしょうか?

HANAオーガニックはお肌に優しい成分を使って作られていますが、無添加化粧品ではありません。部類で行くとオーガニックコスメと呼ばれる化粧品です。

 

では、オーガニックコスメと無添加化粧品の違いはなんなのでしょうか?

 

詳しく説明が書かれたサイトを見ても難しい文字がずらりと並んでいてとても理解するのが難しい状態です。。。

そこでここでは、簡単にオーガニックコスメと無添加化粧品の違いについてまとめてみました。

 

無添加化粧品の特徴

  • 旧厚生省がしていしたアレルギー性の高い102の成分を使っていない化粧品
  • 一部の成分。例えば防腐剤が無添加であれば、それ以外で合成成分を使っていようと「無添加化粧品」として販売できる
  • 即効性が強い化粧品が多い=お肌にダメージを与えている

 

オーガニックコスメの特徴

  • 植物エキスを用いて作られた化粧品
  • オーガニック原料を少しでも使っていれば「オーガニックコスメ」として販売できる
  • 即効性はなく効果がでるまでに時間がかかる

 

こうしてみると、オーガニックコスメと無添加化粧品の違いなんてほとんどあいまいです。

簡単にいってしまえば、

オーガニックコスメは植物エキスが使われている化粧品。無添加化粧品は厚生省で定められた指定の成分を使わずに作られた化粧品です。

 

結果的に、現状では無添加化粧品もオーガニックコスメもルールがあいまいで無法地帯状態となっています。どちらも肌に優しい成分を使っていると謡っていますが、選択を誤ってしまえばお肌に大きなダメージを与えてしまうことになります。

 

つまるところ、化粧品を購入する際はしっかりと成分を見ながら自分の肌に優しいものを購入しましょう。ということです。

 

管理人がHANAオーガニックを実際に使ってみた体験談

 

 

無添加化粧品の罠

無添加化粧品は、お肌にいいというイメージがありますが実際にふたを開けてみると実は違っていたりします。

無添加化粧品には102の指定成分が排除されているから安全!!なんて思っていたら大間違い。

化粧品に使われる成分なんてこの世にはごまんとあります。そしてその中には、お肌にあまりよくない石油成分や合成成分もたくさんあります。

つまるところ、お肌に悪い成分をすべて規制してしまっては化粧品メーカーは化粧品を作ることが出来なくなってしまいます。

 

化粧品が作れなくなってしまうと、国産産業が落ち込んで国の財政にもかかわってきます。なのでそこまで強い規制をかけることはされていません。

 

ちょっと話がずれてしまいましたが、無添加化粧品だからといって安心して使ってしまうのは危険だ!ということです。

 

 

オーガニックコスメの選び方

オーガニックコスメも無添加化粧品同様、選び方を間違えてしまうとお肌にとって悪いものとなってしまいます。

現状の日本ではオーガニックコスメについての正しい基準がありません。そのため、たくさん科学成分を使っていても、1%のオーガニック成分が含まれていればそれは「オーガニックコスメ」と呼ぶことができます。

 

これってなんだかおかしいですよね。

 

ですが、これが現状です。

 

なので、オーガニックコスメを選ぶ際もしっかりと見極めて使うことが大切になってきます。

 

 

⇒敏感肌でも使えると人気の高いおすすめのHANAオーガニックを使ってみた体験談

 

 

お肌にダメージを与える成分一覧

「あ行」

安息香酸及びその塩類/イクタモール/イソプロピルメチルフェノール/ウンデシレン酸及びその塩類/ウンデシレン酸モノエタノールアミド/エデト酸 及びその塩類/塩化アルキルトリメチルアンモニウム/塩化ジステアリルジメチルアンモニウム/塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム/塩化ステアリ ルトリメチルアンモニウム/塩化セチルトリメチルアンモニウム/塩化セチルピリジニウム/塩化ベンザルコニウム/塩化ベンザトニウム/塩化ラウリルトリメ チルアンモニウム/塩化リゾチーム/塩酸アルキルジアミノエチルグリシン/塩酸クロルヘキシジン/塩酸ジフェンヒドラミン/オキシベンゾン/オルトフェニ ルフェノール

「か行」

カテコール/カンタリスチンキ/グアイアズレン/グアイアズレンスルホン酸ナトリウム/グルコン酸クロルヘキシジン/クレゾール/クロラミンT/ク ロルキシレノール/クロルクレゾール/クロルフェネシン/クロロブタノール/5-クロロ-2-メチル-4イソチアゾリン-3-オン

「さ行」

酢酸dl-α-トコフェロール/酢酸ポリオキシエチレンラノリンアルコール/酢酸ラノリン/酢酸ラノリンアルコール/サリチル酸及びその塩類/サリ チル酸フェニル/ジイソプロパノールアミン/ジエタノールアミン/シノキサート/ジブチルヒドロキシトルエン/1,3-ジメチロール-5,5-ジメチルヒ ダントイン(別名DMDMヒダントイン)/臭化アルキルイソキノリニウム/臭化セチルトリメチルアンモニウム/臭化ドミフェン/ショウキョウチンキ/ステ アリルアルコール/セタノール/セチル硫酸ナトリウム/セトステアリルアルコール/セラック/ソルビン酸及びその塩類

「た行」

タール色素/チモール/直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム/チラム/デヒドロ酢酸及びその塩類/天然ゴムラテックス/トウガラシチンキ /dl-α-トコフェロール/トラガント/トリイソプロパノールアミン/トリエタノールアミン/トリクロサン/トリクロロカルバニリド

「な行」

ニコチン酸ベンジル/ノニル酸バニリルアミド

「は行」

パラアミノ安息香酸エステル/パラオキシ安息香酸エステル/パラクロルフェノール/パラフェノールスルホン酸亜鉛/ハロカルバン/2-(2-ヒドロ キシ-5-メチルフェニル)ベンゾトリアゾール/ピロガロール/フェノール/ブチルヒドロキシアニソール/プロピレングリコール/ヘキサクロロフェン/ベ ンジルアルコール/没食子酸プロピル/ポリエチレングリコール(平均分子量が600以下のもの)/ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩類/ポリオキ シエチレンラノリン/ポリオキシエチレンラノリンアルコール/ホルモン

「ま行」

ミリスチン酸イソプロピル/2-メチル-4-イソチアゾリン-3-オン/N,N”-メチルレンビス(別名イミダゾリジニルウレア)

「や行」

(該当ナシ)

「ら行」

ラウリル硫酸塩類/ラウロイルサルコシンナトリウム/ラノリン/液状ラノリン/還元ラノリン/硬質ラノリン/ラノリンアルコール/水素添加ラノリンアルコール/ラノリン脂肪酸イソプロピル/ラノリン脂肪酸ポリエチレングリコール/レゾルシン/ロジン

 

コメントを残す