オーガニックコスメと書いてあるけど実はケミカル化粧品!? 正しい選び方とは?

agriculture02

 

日本にはオーガニックの基準がないので、国産のオーガニックを選ぶときには注意が必要です。
そのため日本の場合はわずか1%でもオーガニック成分が配合されていればオーガニックコスメとして販売することができます。

 

例を挙げるならば、たった1種類のオーガニック成分がほんの少ししか含まれていなくて、後はすべてケミカル成分で作られている化粧品もオーガニックコスメとして売られてしまうということです。
オーガニックコスメのよいところは、ケミカル成分が使用されていないため肌の負担が少なく、肌本来の力が高まることです。

オーガニック成分がわずかでケミカル成分ばかりの化粧品は、オーガニックコスメとしてのメリットを得ることができません。

それどころか、人によっては肌荒れを起こす原因となってしまうこともあり得ます。

 

現状残念なことに、そういったことを行う化粧品会社というのは数多く存在しています。

 

 

なので、日本のオーガニックコスメを買う場合は、消費者が賢くなる必要があります。

”オーガニック”という言葉に惑わされず、購入する前には必ず原料を確認しましょう。

 

余談ではありますが、パラベン、PG、BGなどの名前が記載されていればケミカル成分が配合されています。

 

 

海外でオーガニックコスメを購入する場合

kaibaex

海外にはオーガニック認証制度があり、海外で販売されているオーガニックには認証マークがついています。

このマークを参考にして選べば安心できます。代表的なものにはエコサート、コスメビオ、ネイトゥルー、USDAなどがあります。
ただし、特例のようなものがあり一部の石油由来成分が使われていることがあります。

 

よく使われているものとしては、安息香酸、フェノキシエタノール、パラベンといったものがあります。これらが成分表にある場合は要注意です!よく読んで確かめてみましょう。

 

 

 

日本のオーガニックコスメにもこの認証マークを取得しているものがあります。

認証マークがないコスメでも、独自の基準を設けたよい製品もあるので、成分表をよくみて購入するようにすることが大切です!

 

ちなみにHANAオーガニックの場合は、96%以上オーガニック成分で構成されているため海外のオーガニックコスメと比べてもかなり高品質なオーガニックコスメということができます。

 

⇒管理人がHANAオーガニックを使ってみた体験談

 

 

 

コメントを残す